JavaScript を有効にしてください

このページはJavaScriptを利用して表示制御しています

ご案内

対応キーボード

  • 日本語配列、英語配列どちらも利用可。
  • USBキーボード汎用ですが、メーカー独自に拡張したキーボードは動作しないものがあります。


キーボードを変更するリスク

メーカーが独自に拡張している場合、動作しないキーボードがあります。2桁ユーザ向け製品で、お一人のための原因調査、対応作業は現実的でなく不可となります。

  • 不安な場合、購入したいキーボードのメーカーにこのドライバが動作するか確認をお願いしてください。


日本語配列/英語配列
記号が刻印の通り入力できない

  • システム環境設定で配列を設定します。
    システム環境設定 → キーボード → [キーボードの種類を変更…]
    シフトキー隣のキーを指示通りに押して修正します。


インストール

 

キー認証(試用版のみ)

インストール手順中で、キーの認証があります。  試用キーをコピー&ペーストで入力します。

 

インストール

キーボードにチェックを入れ、「インストール実行」ボタンをクリックします。
表示されるキーボード名称はキーボード型式ではなくファームウェアに書かれたものです。

 

インストールされるファイルはシンプルに次の3点です。

・ドライバ本体
/Library/Extensions/WinKPro.kext
・システム環境設定
/Library/PreferencePanes/WinKPro.prefPane
・デーモン起動 キーボード抜き差し接続監視 設定反映
ユーザ/ライブラリ/LaunchAgents/co.jp.trinityworks.launchd.winkpro.plist 

システム再起動後に有効になります。

(再起動)

ドライバキャッシュの作り直しがあり、再起動されるまで および 再起動で待たされます。辛抱してお待ちください。

 

 

システム環境設定に登録されます

システム環境設定にWinK Proが登録されます。

(High Sierra に インストール)

セキュリティとプライバシー で TRINITYWORKS INC.に 実行許可を与え、再起動します。

汎用ドライバにつき何のどんなキーボードが接続されているかは関与管理していません。日本語配列/英語配列/windowsキー有無にかかわらずユーザーインターフェースは共用です。 無数にあるキーボードを購入調査し、接続に応じてインターフェースを用意する作業は現実的でありません。

(動作確認)

altキーがCommandキーとして動作していることを確認します。

(キー刻印の通り記号が入力できない場合 @ ^ () 「」 など)

システム環境設定で配列を設定します。
システム環境設定 → キーボード → [キーボードの種類を変更…]
指示通りにシフトキー隣のキーを押します。

(システム起動直後の動作)

システム起動直後~40秒 設定が反映されていないかもしれません。 システム起動後、ユーザ/ライブラリ/LaunchAgentsの実行遅延によるものです。ドライバの監視デーモン(winkprod)が起動して、ドライバに設定が反映されるまで動作していません。

 

機能へ