JavaScript を有効にしてください

このページはJavaScriptを利用して表示制御しています
ログオン先を変更した場合未登録の警告が出ます *
ログオンしたアカウントで試用キー/ライセンスキーを入力してください。(設計の背景)タスクバートレイのプログラムに管理者権限を持たせるのは不都合があり、各ユーザアカウントに設定とキー情報を保存しています。

もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)
Windows10/8.1にアップデート後、ドライバが読まれていません *
OS更新によって半クリーンインストール状態。新規にデバイス認識されたことによるものです。
初めて導入すると同じと考え、インストールをやりなおします。
アンインストール、再起動、インストールを実行します。

もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)
購入しているが試用キーの取得ページに案内される *
レジストリからキー情報が読めない場合、初めてインストールした時と同じ状態となり試用キー取得ページを案内します。
購入したときと同じ手順で、ライセンスキーを入力しなおします。
プログラム自身は「初めての利用者」か「購入者」か、キーが入力されるまで分かりません。
または、ライセンスキーが認証されない場合は、購入と異なる製品、後続の別製品などがあります。


もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)
[HHK Lite2 2006年夏以前の製造モデル]インストール後、全く入力できない *
一部の古いUSBキーボードでVista以降でインストール不良が発生します。
HHK Lite2 2006年夏以後のモデルでは問題が発生しません。
2006年夏以前の製造モデルでは問題が発生します。Vid_0472&Pid_0065のデバイスが該当します。

次の方法で解決できる場合があります。

1.デバイスマネージャを開いて !マークのデバイスを探します。



2.!マークのデバイスを右クリック、プロパティを開き、ドライバタブをクリックします。
3.ドライバを元に戻すを1回クリックします。


もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)
インストールに管理者権限が必要ですか? *
カーネルドライバにつき必要となります。

会社のセキュリティである制限ですが、権限の制限がどこまでセキュリティに有効かは不透明です。
懸念されるキーロガーの類では、プログラマーの立場から言いますとカーネルドライバとアプリケーションレベルで
ブラウザのパスワードフィールドで読めるか読めないかの違い程度で、それほど違いがありません。
どちらかというと経営者サイドを安心させるための手段と思われ、実態はあまり意味のないセキュリティです。
制限したから安心とするほどに、問題が起こりやすい。守ろうとするほど守れないことがあります。
通信パケットの監視、怪しければメーカーに問い合わせなどで、ソフトを個別に選別していくことが望ましいです。
システム管理者、経営者を説得してみてください。

もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)
日本語配列ノートPCに英語配列のAppleキーボードを使いたい。 *
過去にAppleK ProにUSJP Proの機能を別売組み込みで販売しておりましたが、年に2本販売という極少需要となり過去に製品整理されました。 この数では弊社でも要望にお応えできない分野です。

AppleK Proをインストールします。
Windowsはキー配列混在の設計配慮がありません。
利用するキーボード配列の度に、レジストリを修正、Windowsを再起動します。再起動の手間が発生します。
記号がキーボードの刻印通りに入力できません

もっと上位に表示すべき(表示順位1ポイント加算)


無いので新規に問い合わせる